りそな銀行

りそな銀行-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
3.5%~12.475% 800万円 自由 対象外 20~60歳までで年収400万円以上の方

水準以上の低さを誇る最低金利3.5%は魅力的ですが、りそな銀行最大の武器は何と言っても12.475%という業界屈指の低さを誇る最高金利です。最高金利が12.475%という事は即ち100万円以下、10万や5万円といった小口の融資でも12.475%の金利が保障されているという事になります。一本化してすぐの元金が多い状態から完済直前の元金が少ない状態まで安定した低金利で長く利用する事が出来る為とても一本化に向いた商品だと言えるでしょう。(→借金一本化推進会)勿論銀行系である事から総量規制の対象にもならず、また限度額も銀行系に相応しく800万円と余裕のある物である事、さらにおまとめ専用商品ではない為用途自由の借入が出来る事から「一本化」のみならず通常利用を視野にいれてもこれ以上の商品はなかなか見つからないでしょう。

りそな銀行500

ただしりそな銀行のプレミアムカードローンは誰でも簡単に利用できるわけではないというのがネックです。申し込み条件は20歳から60歳の間というやや狭めの年齢制限を儲けている他、何といっても「前年度年収が400万円以上の方」という申し込み条件は高いハードルとして利用者の前に立ちふさがります。そもそも一本化が必要になる人というのは慢性的にお金に困っており色々な所からお金を借りてしまった人なのでこの申し込み条件を満たせないという方は少なくありません。銀行系という事から審査も決して甘くはなく、多重債務者のファーストローンとして申し込むにはいささか難易度が高い印象です。その為まずは審査に通りやすい商品で段階的に一本化や借り換えを進めていき、最終的な借入先として選ぶのにりそな銀行は向いているのではないでしょうか。

蛇足ですが50万円以下の融資を希望する場合に限り400万円の年収制限はありません。「50万円以下の額を12.475%という金利で借りられる」というのはかなりの好条件ですが、50万円という限度額を考えると決して一本化向きとは言えません。

なおりそな銀行の住宅ローンを利用中の方はただでさえ低い金利からさらに0.5%金利が下がるサービスを行っています。これにより金利は3%~11.975%をマークし、特に最高金利の数値は他の追随を許さない業界最強レベルに到達します。尤も住宅ローン自体が貸金商品である事から住宅ローン利用者は一本化の返済に加え住宅ローンの支払いも続けなくてはならない事を考えると敢えて狙っていくようなものではないかと思われます。たまたま利用している住宅ローンがりそなの物であれば狙う程度の認識で良いでしょう。また審査結果が最短即日にわかるというのは地味にうれしい所です。

金利早見表

希望融資額 金利
700~800万 3.5%
600~700万 4.0%
500~600万 4.5%
400~500万 4.9%
300~400万 5.5%
200~300万 7.0%
150~200万 9.0%
50~150万 11.5%
50万~ 12.475%

みずほ銀行