アコム

アコム-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
7.7%~18.0% 300万円 借り換えのみ 対象外 20歳以上の安定した収入のある方

世界ブランドとして有名なクレジットカード「ACマスターカード」の発行会社としても知られる消費者金融兼信販会社であるアコムが提供する一本化(借り換え)専用ローンになります。(→借金一本化推進会)限度額は300万円とやや一本化には心もとない数字ですが最低金利が7.7%という破格の数字となっています。7.7%というと一見あまり低金利には見えないかもしれませんが200~300万円の融資に対し7.7%の金利で貸し付けてくれるところは、比較的金利が安いと言われている銀行系でもそう多くはありません。アコムの最低金利は金利が高いと言われている消費者金融系にしてはかなりの好条件であり一本化にも向いていると言ってよいでしょう。ただし最高金利に関しては18%と決して低くはなく法定金利そのままなので、自分が7.7%~18.0%間のどの金利で契約出来るかが鍵となってきます。

アコム500

また消費者金融と言えば一般的には収入の1/3を超える金額の融資を制限する「総量規制」の対象になってしまうのですが、借り換え専用商品は利用目的が融資の時点で確定している目的ローンにあたる為例外的に総量規制の対象になりません。ただし前述のように借り換え専用商品である事から、一本化以外の目的で利用する事は出来ず、また最初に借りたお金以上のお金を借りる、いわゆる追加融資を受ける事もできません。尤も誘惑に負けず完済を目指す事が出来るという捉え方もでき、是非や賛否はユーザーによって分かれてくる所でもあります。

なおアコムは消費者金融の中でも比較的審査に通りやすい部類だと言われています。というのもアコムは消費者金融でありながらACマスターカードを発行している信販会社という側面も持っている為、その両方の審査形態が入り混じる特殊な審査を行っていると言われています。具体的には年収や現在の借入総額など「返済能力」を最も重視する消費者金融系の審査に比べ「クレジットの利用実績(クレジットヒストリー)」や「信用情報」を重視する信販会社の性質が加わる事で、アコムは他社より信用情報を重視する傾向にあるという見方があります。多重債務者というのは借入総額が高額で尚且つ借入先数も多いユーザーが殆どですから当然返済能力も極めて低いと見なされます。その為返済能力が他社ほど重視されないというのは一本化を目指すうえで重要な要素となり得ます。ただし多重債務の状態というのは同時に滞納や未払いを起こしやすい状態でもあります。過去に延滞や滞納で信用情報に傷をつけてしまったユーザーにとってアコムはかえって厳しいフィールドになる可能性もあります。

金利早見表

希望融資額 金利
100~300万 7.7%~15.0%
100万~ 7.7%~18.0%

モビット