アイフル

アイフル-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
12.0%~15.0% 500万円 借り換えのみ 対象外 20歳以上の安定した収入のある方

大手消費者金融で唯一銀行との提携を必要としない安定した運営を行っている純粋な消費者金融にして老舗のアイフルが提供する一本化運用が可能な「借り換え専用」商品になります。(→借金一本化推進会)色々消費者金融を比較してみないとわからない事ではありますが「借り換え専用商品」というのは総量規制の対象にならない代わりに限度額が低く、逆に通常商品は一定の限度額を持っている一方で総量規制の対象になる為、実はどちらもそう「高額の融資」は受けられないようにできています。しかしアイフルの商品は「借り換え専用商品」でありながら500万という限度額を維持した消費者金融業界では稀な商品となっています。

アイフル500

また何といっても注目したいのが15.0%という低い最高金利です。比較的審査が楽で借りやすい反面消費者金融の多くが18%という法定金利を最高金利に設定する事が多い中、100万円以下の少額融資に対し15%の金利で貸し付けてくれる消費者金融は今の世の中そう多くはありません。最高金利が低い事から完済まで末永く付き合う事の出来る一本化商品だと言って良いでしょう。一方で500万円という限度額を考えると最低金利12%というはだいぶ割高な印象を受けます。銀行は勿論消費者金融でも最低金利に関しては一回り以上低いところがあるので高額融資はあまりお勧めできません。せっかく高い限度額を持っているのに金利面で一本化需要とマッチし辛いのは悩ましい所、ただ前述のように最終的な借入先や段階的な一本化における一時的な借入先としては平均以上のスペックを持っています。特に前述のように借入が100万円以下になる場合は比較的安心して利用する事が出来そうです。

同時にアイフルといえば女性専用ダイヤルや初心者専用ダイヤルといった複数の電話番号を設けている点でもしばしば注目されます。もちろん申し込み専用番号やおまとめの専用番号も存在し不明な点が尋ねやすくあまり消費者金融を利用した事ない方でも返済プランや契約内容を相談しやすいというメリットが存在します。尤も多重債務中の方に関して言えばお金を借り慣れてない、なんて事はないでしょうがそれでも「一本化」は初めてで不安という方が居てもおかしくありません。また全ての債務を一社にまとめるので金額も高めである程度慎重な判断が求められる事でしょう。そういった際に安心して相談する事の出来るインフラが整備されているというのは悪い事ではありません。

金利早見表

希望融資額 金利
500万~ 12.0%~15.0%