金利

ローンの一本化においてまず何よりも大事なのは「金利」です。もちろん複数あった借入先が1社になるというのは精神的負担も少なくなり大きなメリットだと言えるでしょう、しかしおまとめの結果総支払額が増えてしまっては一本化の大きなメリットを損なってしまっていると言えます。(→借金一本化推進会)どうせローンを一本化するのであれば確実に今現在より利息が少なくなるようしっかり商品を選びましょう。


一本化で金利が安くなる仕組み

サイトトップでも簡単に説明しましたが基本的に金利というのは「借入額が少ないほど高く借入額が多い程低く」なります。従って多重債務の状態は高い金利であちこちからお金を借りている状態であり、これを一か所から大口で借りなおす事で低い金利にしようというのがおまとめローンの大タスクです。特に100万円以下の借入に関しては会社や商品による金利の差異もありますが、それ以上に貸金業法による金利上限の差異が利息に大きく影響しています。今現在日本で貸金業者が設ける事の出来る金利の上限は貸金行法によって
10万円以下は20%
10万円以上100万円以下が18%
100万円以上が15%
と定められています。そして「法律で定められている」以上闇金でもない限り100万円以下の借入に対する金利はほぼこの数値に準じていると言ってよいでしょう。例えばA社から50万円、B社から40万円、C社から10万円借りている場合、ほぼ全ての会社が法定金利に則り金利を設定しているであることから金利は
A社が18%(50万円)
B社も18%(40万円)
C社は20%(10万円)
である事が予想されます。この3社をD社で一本化した場合総借入額は100万円(50万+40万+10万)になる為、貸金業法の法定金利「100万円以上が15%」に基づき金利は15%(100万円)になりますし、15%以上の金利が設けられればそれはれっきとした法律違反という事になります。利息に換算すると
A社 500,000×0.18=90,000
B社 400,000×0.18=72,000
C社 100,000×0.20=20,000
A90,000+B72,000+C20,000=182,000
に対し一本化後の利息は
D社 1,000,000×0.15=150,000
になる為、同じ100万円という元金にも関わらず
ABC182,000-D150,000=32,000
年間32,000円も支払額が減る計算になるという事です。
事前にしっかり計算を


一本化を避けたほうがいい例

前述のケースだと明らかに金利が低くなることによって総支払額を減らす事に成功していますが、よく既存の借入先との契約情報を見ていないと場合によっては全てを一本化する事が必ずしも「お得」ではない場合があるので注意しましょう。例えばA社の金利が特別低い以下のようなパターンがあるとします。
A社 10%(50万円)
B社 18%(40万円)
C社 20%(10万円)
この場合利息換算すると
A社 500,000×0.10=50,000
B社 400,000×0.18=72,000
C社 100,000×0.20=20,000
A50,000+B72,000+C20,000=142,000
に対し一本化後の利息は
D社 1,000,000×0.15=150,000
となる為一本化した結果これでは利息がかえって高くなってしまっています。このような場合比較的金利の低いA社は一本化せずB社とC社のみまとめた2社にする事で
A社 500,000×0.10=50,000
BC社 500,000×0.18=90,000
A50,000+BC90,000=140,000
と最も利息の安い形に落ち着きます。おまとめローンを利用する際には具体的に何%の金利で借りられるのかも含めよく金融各社の人と相談し計算しながら決めるのが良いでしょう。

借入れ限度額と総量規制