返済

一本化関連商品に関しては総じて借入が大口になりやすい事、尚且つあまり金銭的に余裕のない方というのが利用者層として厚い事から比較的ゆっくり返済できるのが特徴の一つです。例えば通常なら60回払いが限界の所を借り換え商品なら90回払いが選択化という所も多く存在します。(→借金一本化推進会月々の返済額は少なくなりますがその分利息が増え総支払額も多くなる為、自分の返済能力と良く相談して決めると良いでしょう。


一本化商品の用途について

なおおまとめローンには大きく分けて2種類が存在し一つは通常商品を使って一本化を進める方法、そしてもう一つはおまとめ(借り換え)専用商品を使って一本化を進める方法があります。

まず前者の場合こちらはフリーローン、つまりカードローンやキャッシングと呼ばれる商品である事から総量規制の対象になる(銀行系の場合は対象外)かわりに一本化以外の目的でも実は融資を受ける事ができます。それに対し後者は目的ローンと呼ばれる商品であり総量規制の対象にならないかわりに借り換え以外の目的で利用する事ができません。この事から比較的融通が利くのは借り換え以外の目的でも利用できる前者の方法なのですが、融通の効く事でつい追加融資を依頼してしまい何時までたっても返済が進まないといった話が散見されます。この事から絶対に「返済」するという強い意志をもって申し込むのであれば追加融資を依頼できない一本化専用商品の方が返済は捗るかもしれません。 自分にあった返済プランを

出来る時には繰り越し返済を

おまとめローンを少しでも確実に完済する為のコツがあるとすればそれは余裕のある時に無理のない範囲で繰り越し返済を行う事だと言われています。前述のように基本的には完済までに必要な時間が長ければ長いほど最終的に支払う利息は増え総支払額が嵩んで来ます。そこで返せる時には二月分、あるいは三月分でも数か月分でも返しておく事で完済までの道のりがグッと近付きますし総支払額も安くなります。むしろ前述のように何も言わないとおまとめローンは結構長めの返済期間を設定される為、金利は低くなったはずなのに総支払額は一本化する前より増えている!?なんてケースも稀ではありますが聞かれています。総支払額が結果増えてしまってはそもそも一本化の意味が薄れてしまう為、常に完済までに必要な返済回数を減らす努力というのは忘れないでおきましょう。なお会社によっては「繰り越し手数料」が発生する会社やそもそも繰り越し返済に対応していない会社もあるのでおまとめ先を吟味する時は一つの比較項目として覚えておくのも良いでしょう。

金利