借入れ限度額と総量規制

ローンの一本化はその性質上かなり大きな額のお金を動かす事になるので利用者は二つの「限界」に注意して手続きを進める必要があります。(→借金一本化推進会)限界とは即ち「融資限度額」と「総量規制」の二つでありどちらも一定のラインを超える高額融資を制限するものです。


一本化と借入れ限度額

まず「融資限度額」というのはその会社あるいはその商品を利用して借りる事の出来る金額の上限を意味しています。例えば限度額が1,000万円なら最高1,000万円までその会社から借りる事ができますし、逆に限度額が300万円なら最高300万円までしかその会社からは借りる事ができないという訳です。ローンの一本化では複数ある借入先を一社からの融資で完済する為それなりの大金を借りる事になります。

例えばA社から50万、B社から100万、C社から200万の融資を受けていたとして、これら全てを完済する為には350万円お金を借りる必要があります。しかし限度額300万の商品では借りられるだけ借りても300万にしか到達しない為複数ある借入先を一社にまとめる事はできません。この限度額は一般的に銀行系の方が高く消費者金融系の方が低めに設定されている為、借入総額が高い場合は限度額の高い銀行からあたってみるのが良いでしょう。また限度額はあくまで会社側が貸す事の出来る最高額であり、誰もが最初から限度額いっぱいお金を借りられるわけではありません。ある程度ちゃんとお金を借りて完済した実績などを経て信用を得たユーザーのみが限度額いっぱいまでお金を借りる事が出来ると言います。この事からなるべく総借入額に対して余裕をもった限度額をもつ会社を申し込むほうが例え限度額いっぱいでなくても確実に一本化できるだけの額を借りられて安心でしょう。 300万円

総量規制について

総量規制とは貸金業法の一つで「利用者年収の1/3を超える金額を貸金業者は貸し出してはならない」とする法律です。元々到底返済不可能な額をユーザーが借りられないようにする為の法律ではあるのですがローンの一本化においてはしばしばこの総量規制がネックとなります。例えばこの総量規制、年収300万の人がA社から50万、B社から30万、C社から20万、総額100万借りた場合も規制の対象になり、ABCいずれの会社からも追加融資を受けられずまた新たにD社に申し込んでも総量規制が原因で審査に落ちるようになります。そこでさらにABC社を一本化しようとするのであれば一時的なものですがA50万B30万C20万を繰り越し完済する為D社からさらに100万借りなくてはならない為借入総額はABC+Dの200万に到達します。総額200万のお金を借りるためには年収がその3倍である600万円必要になりこれが多くの人にとって高いハードルとなります。ただしこの総量規制「ノンバンク(銀行以外、つまり消費者金融または信販会社)」で尚且つ「利用目的自由な融資」に対象が限られる為、銀行やおまとめ(借り換え)専用ローン(目的ローン)は総量規制の対象になりません。

デメリット