デメリット

ローンの一本化は複数ある借入先が一社になる事で管理が楽になり精神的負担が減ります。また借入先が一社になる事で手数料のかかる回数も減る他、大抵の場合金利が低くなる事で総支払額が少なくなります。債務整理や自己破産と違い完済した暁にはクレジットカードや住宅ローンの利用も認められており基本的に一本化は目立つメリットが多く、またデメリットらしいデメリットを持っていません。(→借金一本化推進会)ただし何も調べず無計画におまとめローンを利用する事はしばしばデメリットにもなり得る為ここでは簡単に「場合によっては生じるデメリット」について紹介します。


本化で総支払額が増える場合

「金利」の項目で紹介した通り一本化は金利の安い会社や商品で行わないとかえって金利が高くなってしまいます。よく調べずに金利の高い会社で一本化してしまった場合や金利の低い会社までまとめて一本化してしまった場合おまとめローンにはデメリットが生じてきます。また中には「金利はたいして安くならないけど借入先が一社になるなら精神的に楽になるからいいや」という方もいますがちょっと待ってください。一本化は大抵の場合一本化する前と後の金利がトントンだと結果として損をする事が殆どだからです。というのも一本化には利息とは別に「繰り越し手数料」や「口座新設料」といった雑費がかかってくるからです。

まず繰り越し手数料ですがこれは金融業者によっては繰り越し返済する際に手数料が発生する会社もあると言います。一本化は一社を除く全ての借入先を繰り越し返済する方法なので最初から繰り越し手数料のかからない会社だけ利用していた場合を除き手数料の発生は避けられません。また特におまとめローンに適していると言われている銀行系の商品はその銀行の口座が利用に必要な場合があります。このような場合口座の開設に手数料がかかるのであればその手数料が一本化の為の雑費として加わります。一本化する事で繰り越し手数料や口座開設料を含む総支払額が、おまとめしないまま返し続けた場合の総支払額より高くなるのであればそれはデメリットとなり得るでしょう。 考えなしにお金を借りるのはダメ

返済方法による縛り

また強いてあげるのであればですがおまとめローンの返済方法がメリットでありまた同時にデメリットにもなり得ます。例えば通常のカードローンを利用してローンの一本化を行う場合「利用目的自由」である事から、完済を目指すつもりがつい追加でお金を借りてしまい何時までたっても完済に近付かないといったケースが想定されます。逆におまとめ専用商品の場合「利用目的が借り換えのみ」である事から、再びお金に困った時に追加融資を受ける事ができません。結果新たに借入先を増やしてしまう事でおまとめした意味がなくなってしまうといったケースが想定されます。おまとめローンは完済を目指す全ての人の味方ではありますが、最終的には利用者に完済するという強い意志がなければデメリットも生じてくるという訳です。