銀行が参入したおまとめローン

多重債務者の増大が社会問題化した時期、借り入れを一本化して肩代わりしてあげると甘い言葉でその人たちをさらに苦しめる悪徳業者が横行しました。現在は、銀行などがおまとめローンに積極的に参入して、安心な環境になりつつあるようです。


おまとめローンの時代背景

バブル経済の崩壊後に銀行から借り入れが困難になった人が多く利用したことで、消費者金融会社は急成長しました。しかしその後の景気のさらなる悪化や産業の空洞化などの影響で、2000年代に入り多重債務者の増大が社会問題となります。貸金業法の改正などが行われ、金融機関の統廃合などが進んだことで、貸金業の会社と銀行の提携が進み、顧客情報が共有されることで、おまとめローンという新たな商品が注目されることとなりました。


どちらにもメリットのあるおまとめローン

管理しきれなくなってしまった返済の期日や金額、利便性を優先させたために支払い続けている高額の利息、こういった問題が一気に解決されうるおまとめローンは、多重債務者となりつつある人にとって有意義な商品です。(→オリックス銀行)月々の支払額も総額も減額する可能性があります。また、全ての借り入れを低金利で肩代わりすることで、銀行は長いお付き合いとなる顧客を新規に獲得でき、金融業界全体としても貸し倒れのケースを減少できるというメリットがあります。