一本化までの道のり

複数の借入れを作ってしまった原因はなんでしょうか。その都度その都度、無計画に限度額の低い商品を利用してきた事が現在の状況を作り出しています。一本化を目指す為には、今一度すべての債務の見直しが必要です。


理想的な一本化

債務を一本化する事で返済日、金利の統一が叶います。返済期間と返済総額の軽減により生活水準も上げる事が可能でしょう。その為にも、「計画的な一本化」が必要です。借入れ件数が多すぎると契約条件が悪くなるだけでなく、審査自体も通過しにくくなってしまいます。いきなり一本化を目指すのではなく、まずは自力で一つずつでもまとめていく事をオススメします。


借入れ件数を減らしましょう

複数の借入れ先の中でも優先順位をつける事が重要です。「完済を目指しやすい少額の借入れ先」と「金利の高い借入れ先」は最優先にしましょう。自力での返済不可能である場合、金利の低い借入先の限度額を上げてもらってまとめるという方法もあります。(→借入れ限度額と総量規制)しかし、この場合は過去の返済履歴が優良である必要があります。また、繰り上げ返済によって利息の軽減を行う事も重要です。まんべんなく無理して返済を進めるのではなく、返済遅延を起こさない事は絶対ですが優先順位の高い借入れ先を重点的に返済していきましょう。「件数」を減らす事が重要なのです。