借金の一本化で返済の負担を軽くしましょう

「その借金たち、何時になったら完済できるか把握していますか?」

最初はすぐ返せると思ってキャッシングでお金を借りたのに中々都合のつかない日が続き、気付けば返すつもりが追加融資を依頼していた。追加融資を依頼したと思ったら今度は何時の間にか融資限度額に達成してこれ以上貸すことができないと金融の人に言われてしまった。これ以上借りられないのならば仕方ないと気付けば他の会社からもお金を借りるようになっていた。そして気付いた時には何処にいくら借りていて何時になったら返し終わるのかわからなくなっていた…


多重債務とは

「私は大丈夫」「自分だったらこんな事にはならない」と思っていませんか?上記のように複数の会社からキャッシングをしている状態を「多重債務」と呼びこれは極めて危険な状態であり、また同時に誰もが油断すると陥ってしまう恐ろしい状態の事です。まず多重債務の状態というのは現状で既に複数の会社からお金を借りている状態なので、借りていれば借りている程困った時新たなキャッシングができなくなります。また別々の会社から借りている事で返済日や返済方法もバラバラになりがちです。返済日や返済方法がバラバラだとうっかり返済期日に間に合わなかったり返済日を忘れたりしがちで、そうなってくると遅延損害金として本来の額以上の利息が取られる事になります。何処にいくら借りていて何処が何時完済なのかが不透明等、他にも多重債務のデメリットはたくさんありますが多重債務というのは総じて金銭的にも精神的にも余裕のない、またあとのない落ち詰められた状態であることに間違いありません。 多重債務について知ろう

ローンの一本化で多重債務を脱出!

ただそんな「多重債務」の状態から脱出する術が一つだけあります、それが「ローンの一本化」通称おまとめローンと言われている返済プランです。一本化というのは簡単に言ってしまえば一社から大口の融資を受ける事によって、その一社を除く借入先全てを繰り越し返済する事で複数あった借入先を一社にする方法の事です。例えばA社で20万、B社で30万、C社で50万の融資を受けている人の場合D社から100万円借りる事でABC全ての会社を完済する感じです。また一本化の多くは「他社からの借り換え」以外の用途で融資を受ける事ができません、その代わり目的ローンとなる為総量規制の対象にならず、また既に多くの借金を抱えている状態でも多額のキャッシングが受けられる仕組みになっています。


おまとめローンは利息が少なくなる?

バラバラだった借金を一本化するだけなのでおまとめローンというのは基本的に「元金」が減るわけではありません、ただし金利が低くなることで利息が少なくなり結果「総支払額」が少なくなることはあります。これはどういう事かというと一部の金利固定型商品を除き金融機関が扱っているカードローンやキャッシング商品の多くは「借入額が少ないほど金利が高く借入額が多いほど金利が低い」という法則に則って金利が決められています。例えばA社から10万(金利20%)、B社から40万(金利18%)、C社から50万円(金利18%)借りているとして、これを一本化するとD社100万(金利15%)にすることが可能です。年利に換算するとこの一本化により年間18万2千円あった利息が15万円、つまり3万2千円も利息が減る事になります。 金利が安くなる!

まだまたたくさん、一本化のメリット

また一本化を行う事で返済方法や返済日も一つに統一されることで返済忘れのリスクは格段に少なくなります。加えて返済先が1社になる事で返済の際に場合によってはかかってくる手数料も1回分で済むようになります。また多重債務の状態が解消される事で住宅ローンやクレジットカード審査にも通りやすくなる他、完済日が明確になる事で返済に手ごたえが感じられるようにもなります。そして何よりこの一本化にはデメリットらしいデメリットが存在しません。強いてあげるのであれば一本化する事で一本化する前より金利が高くなっては意味がありません。その為おまとめローンをお願いする「一社」というのは少しでも金利が安くなるよう慎重に選ばなくてはなりません。

参考元:キャッシング比較(当サイトを制作する際に参考元として利用したサイトです。おまとめローン以外にもキャッシングやカードローン関連の様々な情報が掲載されています)

前述の通り一本化を何処で行うかというのは非常に重要で、利用する業者によって利息の額や完済までの道のりが大きく違ってきます。そこでここではローンの一本化に適切なおまとめローン関係商品の取り扱いがある業者を紹介したいと思います。

と、その前に「多重債務」の状態に陥っている方なら今更説明するまでもないとは思いますが、おまとめローン関連商品を取り扱っている金融機関には大きく「銀行」と「消費者金融」の二種類が存在します。そして当然どちらが一本化に適しているかと言われれば「金利が安く」「限度額が高い」そして「総量規制(収入の1/3を超える借入を制限する法律)の対象にならない」「緊急時には借り換え以外の用途でも利用できる」銀行一択です。しかし銀行というのは審査難易度が高く、加えて既に何社からも融資を受けている多重債務の状態で審査に通過するのは困難です。そこでここではおまとめローン向きの「銀行」と銀行の審査に通らなかった時の為の「消費者金融」両方のおすすめ商品を紹介したいと思います。 実際に申し込んでみる

 


一本化のおすすめ商品~銀行編~

「オリックス銀行」

オリックス銀行-120×60-20140731
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
3.0%~17.8% 800万円 自由 対象外 20~65歳までの安定した収入のある方

・700~800万円代では最安クラスの金利3.0%が魅力!
・銀行系カードローンの中では比較的珍しい、オリ銀の口座を作らなくても利用できるカードローン!
・最高300万円までは申し込みに収入証明不要!

金利早見表

希望融資額 金利
700~800万 3.0%~4.8%
500~700万 3.5%~5.8%
300~500万 4.5%~8.8%
150~300万 6.0%~12.8%
100~150万 9.0%~14.8%
100万~ 12.0%~17.8%

 


「りそな銀行」

りそな銀行-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
3.5%~12.475% 800万円 自由 対象外 20~60歳までで年収400万円以上の方

・圧倒的に低い最低金利12.475%は元金が減ってきた後でもお得でおすすめ!
・ただでさえ低い金利が「りそな住宅ローン」を利用している事でさらに0.5%低くなる!
・審査結果の最短即日通達に対応!

金利早見表

希望融資額 金利
700~800万 3.5%
600~700万 4.0%
500~600万 4.5%
400~500万 4.9%
300~400万 5.5%
200~300万 7.0%
150~200万 9.0%
50~150万 11.5%
50万~ 12.475%

 


「みずほ銀行」

みずほ銀行-120×60-20130606
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
4.0%~14.0% 1,000万円 自由 対象外 20~65歳までの安定した収入のある方

1,000万円という高い限度額は借入が比較的大口になる一本化でも安心!
・「みずほ住宅ローン」を利用中の方なら金利がさらに0.5%低くなる!
・配偶者収入さえあれば専業主婦の方でも利用可能!

金利早見表

希望融資額 金利
800~1,000万 4.0%
600~800万 4.5%
500~600万 5.0%
400~500万 6.0%
300~400万 7.0%
200~300万 9.0%
100~200万 12.0%
100万~ 14.0%

 


一本化のおすすめ商品~消費者金融編~

消費者金融を利用して一本化を試みる場合、借り換えまたはおまとめ専用ローンと呼ばれる総量規制の対象とならない代わりに用途が借り換えのみに絞られるプランか、総量規制の対象になるものの用途は自由な通常ローンでおまとめを行うか、どちらかをまず選ばなくてはなりません。

「アコム」

アコム-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
7.7%~18.0% 300万円 借り換えのみ 対象外 20歳以上の安定した収入のある方

・消費者金融系ながら借り換え専用商品の為総量規制の対象外!
300万円で最低金利7.7%という銀行金利並の低金利!
・年齢制限の上限が決められていない広き門!

金利早見表

希望融資額 金利
100~300万 7.7%~15.0%
100万~ 7.7%~18.0%

 


「モビット」

モビット-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
4.8%~18.0% 500万円 自由 対象 20歳以上の安定した収入のある方

・通常のカードローンをおまとめに利用する為いざという時は用途自由で融資が受けられる。
・消費者金融系にしては高い500万円という限度額は一本化でも安心!
・web完結申し込みとweb明細の利用で郵送物は一切なし!

金利早見表

希望融資額 金利
100~500万 4.8%~15.0%
100万~ 4.8%~18.0%

 


「アイフル」

アイフル-120×60-20140611
金利 限度額 用途 総量規制 申込条件
12.0%~15.0% 500万円 借り換えのみ 対象外 20歳以上の安定した収入のある方

・500万円という消費者金融では高めの限度額で一本化をしっかりサポート!
・借り換え専用ローンなので総量規制の対象外!
最高金利が15.0%と低く元金が減ってきても完済までしっかりお得!

金利早見表

希望融資額 金利
500万~ 12.0%~15.0%